京都軟式野球連盟 宇治支部
創立 昭和24年(1949年)
 
 
HOME
試合予定
試合結果
トーナメント
球場アクセス
支部内規
役員名簿
支部内規
 
  登録資格・登録更新及び試合内規

1.登録資格について
(1) 宇治市・八幡市・京田辺市・木津川市・久世郡・綴喜郡・相楽郡の居住者、又は左記の
    事業所に勤務している者を原則とする。
(2) 登録は男女を問わない。成年、高校年齢層以上の社会人とし、クラブ・学生チームとする。
(3) 学生チームで、学校単位で編成する場合は、学校名は使用せずクラブ名とする。
(4) 大学生・高校生で本連盟以外の組織に登録している者は加盟できない。
(5) 支部内規により、高校生のみの単独チームは、加盟できない。
(6) 登録人員は監督を含む13名以上20名以内とする。
(7) 選手更新 第1回更新日:4月1日〜4月10日迄 その他については認めない。
          第2回更新日:8月1日〜8月10日迄 (京軟連に準ずる)
(8) (1)項以外及び未登録、偽名登録の選手が大会に参加したときは、一年以上のペナルティー
    が適用される。暴力試合・放棄の場合も上記に準ずる。個人の違反行為はすべてチーム
     全員の責任とする。
(9) プロ経験者の登録、プロを止めて3年を経過し、円満退社していること。再度プロに入らない
    契約書、履歴書、支部の推薦を受けて申請すること。A級は2名以内、B・C級は1名以内
    とする。45才以上は制限外とする。

2.試合内規の件
(1) 主将会議は、示された時刻迄に会場に集合すること。
(2) 主将会議は、原則として監督又は主将いずれか一名が必ず筆記用具携行の上出席し、
    
代理人出席は認めない。
(3) 大会開会式には、1チーム5名以上が必ずユニホームを着用し、定刻迄に集合すること。
    (注…定刻迄に集合できない場合は、キケンと見なす。)
(4) 試合当日、各チームは試合開始時刻の30分前迄に当該球場に集合し、役員又は審判員
    に連絡し、打順表を受け取ること。
(5) 事前に連絡もなく無断キケンした場合は、ペナルティーとして次の大会の出場権を取り消す
    ことが出来る。(事前連絡先は、審判部とする。)
(6) 全試合とも、試合回数は7回戦(1時間20分以降は新しいイニングに入らない)とする。
    尚、7回終了または時間打切りで勝負がつかない場合は9名の抽選で決める。但し、A級
    の決勝戦のうち国民体育大会・天皇賜杯大会・会長旗大会は9回戦(2時間以降は新しい
    イニングに入らない)とし、9回を終って同点の場合は特別延長戦は2回まで行ない、勝負
    
がつかない場合は9名の抽選で決める。全試合とも、7回戦は5回以降、9回戦は7回以降
    7点差のコールドゲームを採用する。
(7) ユニホーム・帽子・アンダーシャツ・ベルト・ストッキング・スパイクシューズは、全選手が統一
    した物を着用する。尚、パンツのすそ幅の広いストレートタイプは着用を禁止する。違反者を
    認めた場合は、試合から除くことが出来る。但し、ユニホーム左袖には「KYOTO」又は
    「京都」「キョウト」のマークを必ず着用すること。右袖にワッペン又はマークをつけてもよい。
(8) 審判員に暴言をはいたり、相手選手に対し「ヤジ」が著しく烈しいと認めた場合、審判員は
    警告し、それでも反省の無い場合はその選手を退場させることができる。
(9) 試合中スパイクシューズの紐を締めなおしたり、帽子が飛んだりした場合のタイムは一切
    認めない。
(10) バットの素振り時には「リング」「鉄パイプ」等危険と思われる物の使用を禁止する。
(11) 抗議は、監督又は主将以外の選手の場合は認めない。必ずタイムをかけること。
(12) 打者がバッターボックスをはずしてもいい場合は、ファウルボール、空振り、見送り、その他
    特別な場合以外は、みだりにバッターボックスを外してはいけない。
(13) 各チームとも、参加選手は必ず10名以上とすること。遵守出来ないチームは、ペナルティー
    として次の大会の出場権を取り消すことが出来る。
(14) 捕手は必ずプロテクター・レガース・ヘルメットを着用すること。
(15) ヘルメットの使用について、両耳、片耳どちらでもよい。着用範囲は打者、走者・コーチとも
    である。
(16) 背番号の上部に個人名(但し姓のみ)付けてもよい。
(17) 登録背番号は監督30番、主将10番、選手0〜29番とする。
(18) 試合ボールは、チームの負担とする。(公認マルエスA号ボール 新球2球を必ず用意する
    こと。)
(19) 試合中全選手は、タバコの禁煙とガム使用などは禁止とする。また、みだりにベンチを
    出たり入ったりしないこと。
(20) 試合終了後は両チーム共グラウンド整備を行うこと。
(21) 試合終了後、両チームはベンチの清掃及び周辺のゴミ等は各自で持ち帰ること。 
※ その他の項
A級所属チームに限り、年間勝率最下位チームは自動的にB級に降格する。
(ただし不戦勝は含まず)

 
 
Copyright(c)京都軟式野球連盟 宇治支部.2008-2013.All rights.  
inserted by FC2 system